2019年05月16日

この本が面白い!東野圭吾『赤い指』を読んだ評価3

東野圭吾『赤い指』を読んだ人の評価をお伝えします。


(40代・女性)
「ある少女殺害事件を加賀と従兄弟の松宮が
コンビで捜査することに。

事件自体より、
その背景にある複雑な家族関係がメインだったけど、

だからこそ心理描写が細かく、
ラストの衝撃も大きかった。

あと、すでにシリーズラストの『祈りの幕が下りる時』を
読んだ後だからこそ、

加賀の家族の話もつながりを感じれて面白かった。

これもシリーズ物の楽しさ。」


東野圭吾『赤い指』を読んだ人の口コミを十分に
チェックしてから注文してください。

















ラベル:東野圭吾
posted by miki at 15:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする