2019年06月07日

伊坂幸太郎『死神の精度』をネット通販で買って読んでみました!3

伊坂幸太郎『死神の精度』の読者レビューを
集めましたので参考にして下さい。


(40代・女性)
「短編集で、死神が付いた人間の生死を判断し、
死ぬまでを見守るという作品です。

それぞれの人間の生きている年代には関連性はありませんが、
ところどころに他の人間との繋がりがあって、
それを見つけるとちょっぴり幸せな気分になります。

なかなか読み終わるのに時間がかかりましたが、
後半は読んでて楽しかったです。」


伊坂幸太郎『死神の精度』の読者レビューを
しっかりチェックしてから注文して下さいね。

















ラベル:伊坂幸太郎
posted by miki at 20:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『向日葵の咲かない夏』の本音のブックレビューをご紹介!2

『向日葵の咲かない夏』を購入した方の
評価を掲載します。


(50代・男性)
「死んだ友達が蜘蛛に生まれ変わるという
突飛な設定から始まる少年の探偵ごっこが
まさかそんな結末に収まるとは思いもよらなかった。

ラスト前の火事のシーンも終盤の種明かしが効いて
真逆の解釈ができてしまうし、最後の数行の描写は
素晴らしくキレ味があった。

読み返していくことで
そこかしこに散りばめられた伏線も拾えるであろう作品。

これはちょっと良い作品を読んでしまった。」


『向日葵の咲かない夏』を購入した方の評価を
しっかりチェックしてから注文して下さいね。

















posted by miki at 17:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする