2019年07月26日

この本が面白い!辻村深月『ツナグ』を読んだ評価8

辻村深月『ツナグ』を読んだ人の評価をお伝えします。


(40代・女性)
「死んだ人間と生きた人間を会わせる
窓口のツナグが主人公の小説。

4人の依頼人のストーリーと
ツナグ本人の絡み方が面白い。

特に、親友の話は衝撃的だった。」


(50代・女性)
「一生に一度だけ、
死者と再会を叶えてくれるツナグ。

その一度きりのチャンスをアイドルに
使うOLの気持ちが最初はわからなかったけど、

アイドルの思いも含め、感動的だった。」


辻村深月『ツナグ』を読んだ人の口コミを十分に
チェックしてから注文してください。

















ラベル:辻村深月
posted by miki at 01:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする