2019年08月19日

東野圭吾『プラチナデータ』の本音のブックレビューをご紹介!4

東野圭吾『プラチナデータ』を購入した方の
評価を掲載します。


(50代・女性)
「マイナンバー制度の準備が進み、
とてもメリットが多いシステムと思っていたが、

政府による詳細な国民の管理制度は行き過ぎると
一握りの利得者に悪用される危惧があると気付かされる。

タイトルであるプラチナデータの意味は
後半で明らかになるところから更に盛り上がります。」


東野圭吾『プラチナデータ』を購入した方の評価を
しっかりチェックしてから注文して下さいね。

















ラベル:東野圭吾
posted by miki at 07:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする